K-1Barブログ



2008年 04月 07日 ( 2 )


トミ・カルトゥネン、シャヒッド

選手名鑑に新たに2名、追加・・・・

シャヒッド・オラド・エルハッジ
この間のオランダの大会でドラゴと引き分けたオランダの重戦車。以前から勢いのある新鋭として注目してたけど、最近の戦績を見るとMAXに出る日も近いか・・・?まあ正直、最初見たときはそれほど印象にも残らなかったのだけど、改めて見てみると意外とカウンターなんかも巧くて当て勘がいい。

トミ・カルトゥネン
フィンランドのムエタイ選手のデータベースがかなり充実してたので、こちらは作りやすかった。
・・母国フィンランドでは既に同階級で敵無しのため、スカンジナビア圏内の試合では常に階級上の選手たちを相手にしている状態がつづく。一昨年にジョムホートのジムのヒニネンにアマムエタイトーナメントの決勝で黒星をつけられてしまったけど、国内ではトップクラスの実力者といっても過言ではないと思う。海外でも敗れた試合は全てアウェーで地元選手との対戦のみ。
以前にも掲示板で書いたことがあるけれど、とにかく距離感とスピードとムエタイの技術がピカ一に優れている。距離感がいいというのは、ゲボルグと同じく相手の攻撃を「防ぐ」のではなく、「はずせる」タイプの選手ということ。あと、必要なのはやぱりパンチの技術かなぁ~。ボクシング覚えればかなり強いと思うんだけど...。

・・・ちなみに海外勢で敗れたうちの一人である、ラチッド・カヴァリはアリ・グンヤーからダウンを奪い(地元判定により負けたが…)、モハメド・ラホーイを破っているフランスではそこそこの強豪。それも、IFMAの決勝では一度、判定勝ちを収めてるようだし。・・↑のデータベースではIFMAの決勝の相手が微妙に名前の違う選手になってますが、こっちは誤りっぽいです。
[PR]
by k1maxbar | 2008-04-07 13:13

08'.4 ドイツ・トーナメント、ポルトガル試合結果

K-1 Wuppertal  4/5、@ドイツ
~8-Men Tournament -72Kg~
○オギュン・ゼスリーvs●スティーブ・ノイマン
○カラ・ムラットvs●アンドレ・ブリュール
○ユーセフ・オアーニニvs●アレックス・シュミット
○ファヒット・アースランvs●パコ・コスニキャク
=準決勝=
○カラ・ムラットvs●オギュン・ゼスリー
○ユーセフ・オアーニニvs●ファヒット・アースラン
=決勝=
◎ユーセフ・オアーニニ[1RKO]●カラ・ムラット

・・・この面子であればシュミットが優勝かな?と思ったら、一回戦であっけなくコケてしまいました(1RKO負け)。結局、そのシュミットを下したオアーニニがそのまま優勝。決勝の相手はザンビディスとも対戦経験のあるムラットという選手でしたが、こちらも1RKOでの圧勝。

Chitalada Showdown 4/5、@フィンランド
◎アンテロ・ヒニネン[2RKO]●クンスック

Champions League 4/4、@ポルトガル
◎アーヌルド・シウバ[TKO]●オマール・テキン
◎ジョアオ・ディオゴ[KO]●ヒューゴ・オリベイラ
○フンベルト・エボラ[判定]●ミハエル・アンドラーデ

この大会のメインとなった地元の星アーヌルド・シウバとゴールデングローリー所属オマール・テキンの一戦はテキンの試合放棄により決着・・・というなんとも消化不良な形で幕を閉じたようで・・・。観客も対戦相手のシウバもこれには憤慨していた、、というけど・・・・まあ、地元の人間の書き込みなので、まるごと鵜呑みにはできないかな。
[PR]
by k1maxbar | 2008-04-07 01:55


海外キックの試合予定・結果等...
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30