K-1Barブログ



ケスラーvsフローチ

・・・デンマークにて行われたWBCスーパーミドル級世界タイトルマッチ、ミケール・ケスラーvsカール・フローチの一戦を視聴終了…。





個人的な予想ではケスラーが欧州の堅実なオーソドックススタイルで完封とまではいかなくとも、それに近い形の勝利を収めるのでは・・・と予想してましたが、
予想外にフローチのジャブをもらい、またケスラー自身もそれほど要の左リードを当てることができずペースを握れないままラウンドが進む。

体格自体はほとんど変わらないはずなんですが、フローチの方がなぜか懐が深いように見えた。いつもは自分の距離で相手を押さえる戦いのケスラーが
今回は常に前へと前へと打って出る展開。ダラリとガードを下げた構えのフローチはジャブで迎え撃ちながら、バックステップとボディワークで決定打をことごとくはずす。
もともと、先のスーパー6トーナメント中でもダウンを奪われたりそのスタイル上、ディフェンスに穴のあるイメージがあったフローチですが、きちんと守備に意識を置けばもらわずに打つ
戦いもできるということをこの試合で見せられました。

まぁ、判定自体はジャッジの地元贔屓でケスラーに軍配が上がりましたが、これはフローチの勝ちでしょう・・・。
[PR]
by k1maxbar | 2010-04-25 16:22 | ボクス
<< 例の・・・ 犯人はボクシング好き >>


海外キックの試合予定・結果等...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31