K-1Barブログ



海外キック09’試合予定 仏、蘭、独

Beast of the East  @オランダ、1/24
=8-Men tourney=
ウィリアム・ディエンダー
ハリッド・ボウディフ
デイブ・ヴァンデ・プロエグ
スザックス・バルナバス
アルビアー・リマ
ホセ・レイス
フローリン・ヴィンティラ
アルーヤ・ヴァトニカイ

~Super fight~
アルバート・クラウスvsウォーレン・スティーブルマンズ
ニキー・ホルツケンvsタリック・エル・イドリッシ
ファルディール・シャバリvsダ・シウバ
サミール・ベナゾーズvsタイロン・スポーン
アジズ・ジャジャvsゴラン・ラドニッチ
アティ・ゴルvsロバート・ヴァン・ニムワーゲン


LA NUIT DES TITANS  @フランス、1/31
=8-Men tourney=
ヨハン・リドンvsムウサ・コナテ
ラチッド・カヴァリvsルドウィク・ミレット
ソフィアン・アローシェvsタイフン・カルチ
ゲイリー・アナッドvsラレマンド


MFN/IKBO in Duisburg  @ドイツ、2/14
=8-Men tourney=
アレックス・フォーゲル
アンドレ・ブリュール
カグリ・エルミス
ダニエル・ハウプトマン
オマール・シアラ
トニー・フリードリヒ
レオ・ズーリッチ
TBA


MAX出場権を賭けた恒例のオランダトーナメントのレベルは、昨今の景気を反映したかのような大幅な落ち具合を見せ、どうにもガッカリな面子ばかりですた・・・。カラコダを下しているホルツケンは既に当確の権利を十分に持ってるとしても、せめてスティーブルマンズは入れるべきだったと思う・・。日本王者だって皆、少なくとも2連覇はしてから予選免除になっているのだから。
・・とはいっても当然、今回のワンマッチを査定試合として設定しているのなら、スティーブルも対戦するクラウスの実力からいってまったく文句は無いけど。というか、少なからず運の要素も含まれるワンデイトーナメントと違って、ごまかしのきかない強豪とのワンマッチの方が真の実力を査定するのに適ってると(実力のある選手ならなおさら)思うし。

ドイツのトーナメントはフォーゲル弟の実力は分からないし他にも知らない選手が多いけど、実質的にあのシャヒドを下したと言われるカグリ・エルミスが鉄板でしょう。
[PR]
by k1maxbar | 2008-12-23 02:30
<< 海外キック12月 芬、葡、Slov 海外キック11月~12月 蘭、西、独 >>


海外キックの試合予定・結果等...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30